あらゆる組織の事業戦略部門の役割を担うことができるオンラインプラットフォーム

KnouHowsは、経営者の孤独な悩みを解決に導く

 

KnowHowsとはみんなの事業の悩みをみんなで解決するコミュニティのことです。

 

経営者は事業の孤独をよく感じます。

 

悩んでいることを誰にも簡単に話できるものではありません。

 

 

今までは、心に閉まっておくことしかできなかった悩み事や疑問点を解決できる、力強い味方になってくれます。

 

 

上手くKnowHowsを活用すれば、新しい世界が広がる可能性が出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

KnowHowsを利用するメリットとは?

 

事業の悩みを事業責任者・コンサルタント・士業などの専門家が無料でアドバイスしてくれます。

 

「事業の孤独」を解決するブレインシェアサービスを利用することで、今までになかった実感を得ることができます。

 

 

事業課題を無料でオンライン相談(匿名可・匿名は有料)できる。
無料のコラムやツールで事業課題を解決していく。

 

 

 

など、KnowHowsの各種サービスは、事業責任者を支える様々なサービスを提供してくれます。

 

 

 

KnowHowsの6種サービスを詳しく

KnouHowsのサービス内容を詳しく説明している

 

みんなで事業相談

Q&A形式で事業に関する相談を専門家が無料で回答します。
https://knowhows.jp/question

 

匿名投稿ができるので、他の人に知られない

会社名や個人情報を匿名にして質問ができます。そのため社員や他の人に知られることなく、安心して事業相談ができます。

 

 

様々な事業の専門家が回答。事業判断に役立つ

専門家は事業責任者・コンサルタント・M&Aアドバイザー・弁護士・会計士などが多数。事業・株式・財務・M&Aなど、普段聞きづらい相談も、無料で回答がもらえます。

 

 

Q&Aは最短即日回答。急ぎの相談も素早く回答

事業相談は「今すぐ知りたいこと」が大半。そんな疑問に素早く回答してくれる専門家が多数登録しています。

 

公式サイトより、質問の一例を抜粋しました。

 

退社した社員から未払い残業代があるとの事で揉めてます。
四年前に辞めた社員から社員の未払いの残業代があるという事で司法書士から封書が届きました。

 

それによると支払われた賃金と労働時間の計算が合っていないのではないかとの事でした。
それで当該社員のタイムカードを出して欲しいとの事でした。
タイムカードは保管していません。

 

ですが、こちらとしては残業代は職務手当で払っていた認識なのですが何か問題があるのでしょうか?
辞めた途端にいきなり司法書士を通してこのような事をされたのでかなり困惑しています。どうしたら良いでしょうか。

 

定年退職した社員からのボーナス請求について

 

ボーナス支給前に会社が解雇した人間からボーナスを請求された場合、「支給日在籍条項」を根拠としてボーナスの支払いを断ることが可能である。
この認識は正しいでしょうか?

 

そこで質問なのですが、そうした通常解雇ではなく、ボーナスの支給直前に定年退職した人間から請求があった場合、支払い義務は生じますか?
支給日在籍要件は、定年退職者に対して適用しても大丈夫なんでしょうか。支払い義務が生じるとしたら、ボーナスの減額という措置を取ることは可能なのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ノウハウストア

事業に関する専門家のノウハウを購入できるマーケットプレイスです。
また、あなた自身のノウハウを出品することもできます。

 

https://knowhows.jp/lp_book

 

みんなのノウハウを購入できます

専門家の掲載した、事業・株式・法務・財務・労務・M&Aなどのノウハウを購入できます。

 

 

自分のノウハウを販売できます

あなたの経験やスキルをワードやエクセルなどで出品。購入した事業責任者とつながることでビジネスを促進することができます。

 

 

みんなのノウハウを募集できます

専門家に専門的な契約書・IPOの必要資料など様々なものをリクエストできます。リクエストに専門家が応えて出品してくれます。

 

 

 

 

 

メッセージ機能

専門家との簡単メッセージをすることで、直接疑問を解決。
匿名でのメッセージも可能です。

 

 

 

疑問に対してすぐ質問ができます

Q&Aやノウハウの出品を通して、気になった専門家とメッセージができます。メッセージはウェブに公開されないので、安心して事業相談ができます。

 

 

 

 

チャット形式で気軽に相談が可能です

使い慣れた画面のメッセージ機能でスムーズやり取り。堅苦しいタイトルなどはありません。

 

 

 

匿名でのやりとりも可能です

まずは匿名で相談して、途中からプロフィールの公開も可能です。会社や個人名を特定されたくない場合、まずは匿名でご相談ください。

 

 

 

記事&コラム

 

事業・M&A毎週更新!忙しい事業責任者にわかりやすく解説します。

 

 

 

 

 

すべての記事が図解付きです

忙しい事業責任者のために、テキストより理解の早い図をたくさん用意しています。

 

 

 

わかりやすさNo.1を目指します

株式やM&A、IPOなどは難しいと思われがちです。KnowHowsのコンテンツは詳しくも「わかりやすい!」を重視しています。

 

 

 

記事ごとに専門家のコメントが見れます

記事の解説が足りないところは、専門家がコメントを追記します。そのため、記事が随時ブラッシュアップされていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

noteのように専門家が独自の目線で書いた情報を閲覧することができます。
また、knowhows編集部が会社経営にまつわる課題を毎週投稿しています。
https://knowhows.jp/content

 

 

 

 

 

 

 

契約書テンプレート

会社経営でよくある契約書の雛形を無料で提供しています。
https://knowhows.jp/lp_format

 

 

 

 

無料の株価算定ツール

株価算定に重要な手法であるDCF、類似会社比較法、純資産法の3つの手法にて株価算定を行います。
https://knowhows.jp/lp_howmuch

 

 

 

 

資本政策シミュレーター

専門家に依頼することなく、資本政策をシミュレーションすることができます。
https://knowhows.jp/lp_capital

 

 

 

このシステムを是非活かしてください。

トップへ戻る